規格編
Q規 1. F11Tの(  )付きの意味。
Q規 2. トルシア形高力ボルトがJIS化されない理由。
Q規 3. トルシア形高力ボルトでM12を製造していない理由。
Q規 4. JIS B1186規格に材質の規定がない理由。
Q規 5. 高力ボルトの F10T、S10Tの意味は何か。
Q規 6. トルシア形高力ボルトの丸頭、座金一枚の理由。
Q規 7. JIS B 1186 付表1.及び JIS U−09 付表1.において○印のないロングサイズボルトの寸法、s寸法の決め方。
Q規 8. ナットの硬さ規格(95HRB〜35HRC)で単位が異なる理由。
Q規 9. 座金には等級を示す記号がない理由。
Q規 10. 座金の表面粗さを面取り側のみ規定している理由。
Q規 11. ねじの有効断面積の計算式。
Q規 12. 溶融亜鉛めっき高力ボルト(F8T)にJISマーク表示がない理由。
Q規 13. 高力ボルトのトルク係数値 A、.B の違いの理由。
Q規 14. 高力ボルトの保管状況と期間が品質に及ぼす影響。
Q規 15. 高力ボルトの「焼割れ及び有害なきず」の程度。
Q規 16. 高力ボルトの曲がりの範囲。
Q規 17. ボルトとねじの違い。
Q規 18. トルシア形高力ボルト張力(軸力)の合格判定値はどのように決めたのか。
Q規 19. セットの締付け張力(軸力)の標準偏差を抜取数(n=5)で判定しない理由。
Q規 20. 高力ボルトの脱炭の規定について。
Q規 21. 高力ボルトの品質上の有害でない表面処理とは。
Q規 22. 高力ボルトの衝撃値が規定されていない理由。
Q規 23. 高力ボルトの使用温度範囲。
Q規 24. ステンレス鋼高力ボルトについて。
Q規 25. 高力ボルトの疲労強度について。

設計編
Q設 1. 高力ボルトの径に対して板厚の制限があるか。
Q設 2. 高力ボルトの締結構造ではボルトがゆるむ心配はないか。
Q設 3. 高力ボルト接合の種類と特長。
Q設 4. 許容耐力の求め方。
Q設 5. 高力ボルトと溶接との併用継手について。
Q設 6. ボルトと高力ボルトの許容せん断力の違い。
Q設 7. すべり係数と摩擦係数の違い。
Q設 8. 摩擦接合のせん断力と軸せん断力の違い。
Q設 9. 建築、土木における高力ボルトの孔径の違い。
Q設 10. 肌すきに対する対策について。
Q設 11. 摩擦接合の処理と添接板外面の塗装について。
Q設 12. 高力ボルトの長さ選定基準。
Q設 13. 接合部の処理が、赤錆、塗装、めっきによって軸力減衰がどの程度変化するか。
Q設 14. 接合部がこう配(テーパー)になっている時の処理について。
Q設 15. すべり試験用標準試験体の形状について。
Q設 16. すべり試験は呼び径毎に行う必要があるか
Q設 17. 火災に遭ったボルトは大丈夫か
Q設 18. 海水または淡水中の構造物に使用可能か
Q設 19. 高力ボルトを締付機を使用して締付けるための必要なスペースはどれくらいあればよいか。

施工編
Q施 1. 高力ボルトの余長の許容範囲。
Q施 2. 降雨中の施工は実施してよいか。
Q施 3. 高力ボルトを仮締めボルトとして使用してよいか。
Q施 4. マーキングの意味は何か。
Q施 5. トルシア形高力ボルトのトルクチェックの必要性はあるのか。
Q施 6. 高力ボルトをトルクチェックした場合のトルクの許容範囲。
Q施 7. 高力ボルトの締付け施工法の確認方法。
Q施 8. 現場受入検査を実施するケース。
Q施 9. 現場受入検査が代表1ロットで良い理由。
Q施 10. 現場受入検査に使用する首下サイズについて。
Q施 11. 座金、ナットを逆使いした場合、張力(軸力)はどのようになるか。
Q施 12. トルシア形高力ボルトの共まわり、軸まわりは許容されるか。また、その許容範囲はどの程度か。
Q施 13. トルシア形高力ボルトのピンテールを溶断してよいか。
Q施 14. ボルト周辺の溶接は何oまで近付けて良いか。
Q施 15. トルシア形高力ボルト締付け終了後のナット回転量の許容範囲について。
Q施 16. 高力ボルトの保管・取扱いの最低必要条件について。
Q施 17. 締付け時のボルト孔の食違いがある場合の処置。
Q施 18. ボルト挿入後、本締めまでの許容日数。
Q施 19. トルシア形高力ボルト現場受入検査で張力(軸力)が不合格になった時の処置。
Q施 20. トルシア形高力ボルトの現場受入検査において、ばらつき(標準偏差)を判定しなくてよい理由。
Q施 21. 降雨等で濡れたボルトはどうするか。 乾燥すればよいのか。
Q施 22. 部材(ボルト接合部)にペンキを塗装したら悪い理由。
Q施 23. ピンテールがなめった時の処置。
Q施 24. ピンテールがインナーソケットから抜けない時の処置。
Q施 25. トルシア形高力ボルトで電動レンチが使用できない時の処置。
Q施 26. M12がない時、M16で代用はできるか。
(指定された呼び径のボルトがない時、一段階太い径のボルトを使用できるか)
Q施 27. 高力六角ボルトの頭締めを行なう時の留意点。
Q施 28. 高力六角ボルトの設定トルクの範囲を超えた場合の処置。
Q施 29. トルシア形高力ボルトを弛める方法 (解体)。
Q施 30. ピンテール12角寸法の基本寸法と許容差はメーカー間で統一されているか。
Q施 31. 電動レンチが使用出来ず手動式レンチを使用した場合、追締めが必要な理由。
Q施 32. ボルトの再使用は可能か。
Q施 33. 1次締めは、何故必要か。
Q施 34. 締付け部のボルト一群の締付け順序。
Q施 35. 現物保管中、錆が発生したボルトの再生方法はあるか。
Q施 36. マーキング無しで施工してしまったが。
Q施 37. 締付後のボルト張力(軸力)測定方法。
Q施 38. 低温下での施工方法。
Q施 39. 溶融亜鉛めっき高力ボルトの締付け後のトルク検査の必要性。



付録

参考文献
1 JIS B1186(1995) 摩擦接合用高力六角ボルト・六角ナット・平座金のセット 日本規格協会
2 JSS U-09(1996) 構造用トルシア形高力ボルト・六角ナット・平座金のセット 日本鋼構造協会
3 鋼構造設計基準−許容応力度計算法−(2005) 日本建築学会
4 建築工事標準仕様書・同解説JASS6鉄骨工事(2007) 日本建築学会
5 鉄骨工事技術指針 ・工事現場施工編(2007)
             ・工場製作編(2007)
日本建築学会
6 高力ボルト接合設計施工ガイドブック(2003) 日本建築学会
7 道路橋示方書・同解説(2002) 日本道路協会
8 建設省告示1795号
9 建築基準法施行令
10 鋼構造接合資料集成(1977) 技報堂
11 本四技報(1983.7) (財)海洋架橋調査会
12 トルシア形高力ボルト使用の手引き(1996) 高力ボルト協会
13 摩擦接合用トルシア形高力ボルト・六角ナット・平座金のセット(1984) 日本道路協会
14 高力ボルト接合(昭和47年1月) 日本鋼構造協会
15 機械用語辞典(昭和47年9月) 工業教育研究会
16 JIS B1051(2000) 炭素鋼及び合金鋼製締結部炭素鋼品の機械的性質−第1部:ボルト・ねじ及び植込みボルト 日本規格協会
17 JIS B0101(1994) ねじ用語 日本規格協会
18 JIS B1180(2004) 六角ボルト 日本規格協会
19 JIS B1256(2008) 平座金 日本規格協会
20 JIS Z9003(1979) 計量基準型一回抜取検査 日本規格協会
21 JIS B1082(1987) ねじの有効断面積及び座面の負荷面積 日本規格協会